新車同様でお得!購入した試乗車は今なお健在

2000年10月に軽乗用車を買い換えるとき、懇意にしているお店から「試乗車」を勧められました。自分が希望する車種ではありませんでしたが、新車同様でキレイだったことが決め手です。ちなみに、購入したのはトールタイプの軽乗用車。私にとっては初めてのAT車でもありました。
購入前に乗ったとき、座席の位置が若干高いように感じました。もちろん、私だけかもしれません。しかし、乗り降りするにはある程度の高さがあったほうが楽だと、今では思っています。また、バックで駐車場に入れるとき、助手席側のバックミラーが見やすいようです。これは、車検時に代車として他の車種を借りたときに感じました。もっとも、バックミラー(ドアミラー)の角度調整が関係するのかもしれませんが……。
いろいろな装備が付いていることも試乗車を購入したメリットです。希望していた4ドア(ハッチバックを含めると5ドア)はもちろん、それ以外にも、リアウィンドウが付いていたり、後部座席がスモークガラスになっていたりと、かなりリッチな仕様になっています。
大事に乗り続けたおかげで、17年経った今でも健在です。これからも、こまめに点検してもらいながら、可能な限り乗り続けたいと思います。

私がジェミニ1800ZZ/Rを選んだ理由・・・

私が後にも先にも車を購入したのは1度だけです。社会人3年生の時に東京の成城学園のディーラー系中古販売店でいすゞジェミニ1800ZZ/RのFRラリー仕様の中古車を購入致しました。いすゞ車を購入する前にカー雑誌等で情報を入手し当初は60年代のイギリスのオープンカーMG・ミゼットを購入したかったのですが年式も古く程度の良い車はプレミアが付いて手が出せなかったのです。手が届く様な安い車を求め数十件と販売店を実際に見に行きました。しかし安くても傷みが酷くレストアするしかない車が殆どで結局はコスト高な車になるのでMG・ミゼットは断念しました。考え方を替え国産車に目を向けるようになりました。高校時代からバイクが好きで乗っていた為、車も単にトランスポートするだけではなくエンジンがDOHCでパワーが有り排気量は1800CC以上しかもリミテッド・スリップ・デフの付いたFR車を求めていました。また程度の良い中古車で走行距離も少なく100万円以内の設定で探しました。有名国産スポーツカーは人気車種で、やはり中古車でも高くプレミアが付いていて手が届かなく断念せざるを得ませんでした。そこで、いすゞジェミニ1800ZZ/Rに出逢いました。調べて見るとこの車種はいすゞが国内ラリー参戦をした車種です。最終的に何故この車種にしたのかは、父親が初代ジェミニに乗っていて子供の頃から助手席の乗り心地が非常に良かったからです。

30万円で10年落ちの中古車を買ったハナシっ!

我が家では長年乗っていた日産のセダン(2000cc、6気筒)のエンジンの調子が悪くなったためにこれを廃車として、30万円で10年落ちのトヨタの2000cc、4気筒の車を中古車で買いました。
日産の車のエンジンはアイドリングが不規則になってしまい(電子制御にも関わらず・・・)、直す気になれば数万円で直ったかもしれないのですが、その車を買った日産のディーラーはちょっと新車のセールスがしつこかったので、車を買ったディーラーに持って行って直す気にならなかったので10年落ちのトヨタの2000cc、4気筒のセダン車を買いました。
10年落ちのトヨタ車なのですが、覆面パトカーにもかつて使われていた車両であり(もちろん覆面用は市販車より大幅なチューンがされているとは思いますが)、走行性能はスポーツモードにすればなかなかのものです。
NA4気筒、2000ccのノンターボなのですが、なにしろ見た目がいかにもなオッサン車なので他の車やバイクになんだかナメられることが多くなった様な気がするのだけが唯一気がかりな点です。